ご成約とトラブル時の対応(^O^)/

さて本日はおかげさまで9月1日に弊社売主として掲載させて頂きました「横須賀」の中古戸建のご契約でやはり横須賀まで行ってきました(^O^)/
このたびは買主様ありがとうございましたm(__)m
何度かタイミング悪くご購入出来なかったとのことですが今回良縁で「即断」して頂きました☆彡

ちなみに海の近くか土曜日かで道は混雑していましたね(^_^;)
DSC_1155

ところでこちらの物件は以前他の不動産会社さんより〇ヶ月間販売に出しており、なかなか売れず今回は弊社より物件の登録をしましたら5日でスピード成約となりました。
タイミングももちろんございますが、実は直接販売になったことで真剣に販売方法を考え、価格帯と購入層の傾向を加味し、少しでも綺麗に見て頂こうと事前に雨の中草むしりをした甲斐がありました( ^^) _U~~ つくづくと自分で『売ろう』と思い。考え。実行する。ことが大切だと認識致しました!
『ご売却』は価格設定と販売戦略がとても大切ですが、本気で売ろうという心意気も大切だとつくづくと・・・(;^ω^)
今回のような遠い物件は・・・余程のことがない限りやりませんが、弊社重点エリアの「二子新地」「高津」「溝の口」駅徒歩圏は今までより一層『本気』でご売却に取り込ませて頂きます(^O^)/

【東海最重点エリアは「二子新地」「高津」「溝の口」東側です(__)】
DSC_0569
ちなみに記載内容は全く変わりますが、弊社では定期的に他業者さんと不動産屋会合をして情報交換、市場調査等を行っておりますが、昨日話に出た内容で「あ~それね(~_~)」という内容がございましたので少し掲載です( ^)o(^ )
こちらはトラブル時のお話なのですがお客様より「御社なりの誠意ある対応」を!と言われた時のことです。
もちろんお客様に迷惑や不満な事がないように心掛けていますが、対応するお客様も営業マンも人それぞれの常識レベルや考え方があり「うっかりしてしまった!」という事も人間なので起こり得ます。
一昔前であれば「誠意ある対応」=「経緯を説明して誤解を解く」・「内容によっては何度も謝る」・「何度かお伺いする」と言ったことが代表格でしたが、これが最近ですと一部では「誠意」=「お金」になっているようなのです(@_@)
特にしっかりした会社にお勤めの方が、自分も受けているのか受けていないのか定かではありませんが、すぐ「御社なりの誠意ある対応」を!といい、前記のような対応をするとそれが「御宅の誠意か!」と怒り出すことが多々とか(^_^;) もちろんトラブルになった経緯次第ではございますが、もし最終的に『金品』等を請求しているようなら、請求内容を伝えず、自分の考えと違うと怒る・・・それって!たかり・強請・脅迫では?(@_@)と思ってしまいます。特に「大手」と呼ばれる不動産会社には最近よく出没しているようなので注意が必要です(^^;)
もちろんトラブルにならない事が第一ですので、こちらの会合でもどのようなことでトラブルになるのか、万一トラブルになってしまった際はどのように解決するのか、法的にはどうなのかなど日々勉強を行っておりますので弊社ではこのようなことが起きないよう事前対策をしております(≧▽≦)

と、いう訳で以上のような会合や日々の新規情報収集、新制度の活用方法は怠りません。
弊社では「債権」「相続」「離婚」「借地・底地」「私道」「隣地」トラブルなど多々経験を積み、しっかりと解決しておりますので難しい案件も【ドン】とご相談ください(‘ω’)ノ

Pages: Prev 1 2